職人を大切にしたい | nutte登録職人さんの日常や想い、縫製業界の今を丁寧に発信します

nutte meister media

つくるってことが大好きで仕方ないんです!

   

ayako

小学校の時からずっと手芸をして遊んでました。

私は縫製の仕事をやっていて、全然良い事がないなって思っていたのですが

そうですか?私は楽しくて仕方ないです。
どんな縫製されていたんですか?

例えば衣装だったりとか

わぁ!楽しそうじゃないですか!!
普段はアパレルのサンプルの縫製をやっています。
仕事としてはアパレル関係のデザイン・パターン縫製っていうものを34年間やっていて
家では小学生の時に足踏みミシン中学の時から電動ミシンを使ってます。小学校のときからずっと手芸をして遊んでました。

パタンナーもやってらして、刺繍機もあるんですね。

家庭用の。
普通のブラザーのミシンなんですが、
パソコンで作ったデータでオリジナルの刺繍もできるっていう。
ロゴなどは自分がオリジナルで出していたので
他の方のでも、オリジナルのロゴを刺繍したいという方に応えられるようにしています。

2

ミシンを並べて引き出しを積み上げた上に合板とカッターマットをのせて裁断をしてます

いまはメーカーさんのお仕事が中心ですか?

ほんとにいろいろですね。
会社としてはペットのものとか、カバンとかもありますし
量産じゃなくて。サンプルだったら受けられる仕事はすべて。
メーカーさんからも来ますし
個人からは『学芸会の衣装を作って欲しい』とかいうのも受けたりしている会社なんです。
そこで働いてます。

お勤めなんですね、nutteの仕事はご自宅に帰ってから

そうですね。

ご自宅では裁断ってどうされているんですか?

マットでロータリーカッターを使っています。

ご自宅だと机が小さくて裁断できないという方が多いので皆さんどうされているのかなと

私は作るのが好きで夫が協力的なので
4畳ほどの部屋をもらってそこにミシンを並べて
押入れ用の引き出しってありますよね?
それを積み上げた上で裁断もしてます。収納も考えて。

ご自宅の工房があるってかんじですね

そうですね。・・・まあ部屋があるってかんじです(笑)。

他にもご自宅でお仕事を受けてらっしゃるんですか?

会社から『仕事来てるから、これは家でやって欲しい。』というのはやってます。
家に持って帰って量産してますね。
200ほど自宅で縫ったこともあります。

200ほどだと裁断済みですか?

表は裁断済みで裏は自分で。
大きなカットは会社で裁断して、家で縫製。

それも手でカットされてるんですか

はい。

裁断屋さんには出さないですか?

仕事によりますね。
会社には裁断屋さんがいますので。

nutteでお仕事をしていただいていて
どうでしたか?

気になっていたのですが
些細なことなんですけど綺麗にラッピングしても検品でするのであれば無駄なのかなって思ったんですが
どのように送られるんですか。

一応開けさせてはいただきますけど元には戻してお送りします。

ラッピングが好きなんですけど、どうせ無理かなって思ってやめてるんです。

そういう意図があればお伝えくださったら。
お客様にも喜んでいただけることですから私どもも嬉しいです。

注文の分は検品してもらってもいいんですけど、おまけとしてつけたりしたいんですよ。
この前はおそろいの生地でちっちゃいポーチをつけたんですけど
それをラッピングして『開けないで』って付け加えたらいいですか?

最後に梱包し直しますのでその時に分けますよ。

いいこと聞きました!

お客様に喜んでいただけそうなアプローチというのは私どももすごく嬉しいです。

nutte に登録されている職人さんからの依頼ですごいって言われて

このあいだnutteでお仕事をした案件も、
依頼者の方がnutteに職人として登録されている方に
『すごい』って言われて不思議だったんです。
でもお洋服が得意な方にカバンを依頼されて作ったので、こういうことも有り得るんですね。

そうですね。職人さんたちの扱ってるものも違いますので。
知見も共有できたり、みなさんがネットワークでつながってくれたらいいなと思っています。

おもしろいでしょうね。

他に何かアピールしたいこととかあれば

こういったレザーに模様をつけて・・・
ほんとはもっとかわいいのがあるんです!猫の模様で。

3

素材は何で作ってるんですか?

合皮なんです。レーザー加工をさせてもらう場所があって
自分で材料を持って行って、デザインしたデータでカットして作りました。
メガネケースも自分で作りました!
実はこんなのも縫います、っていうことでお渡ししようと思って持ってきたんですよ・・・
ペンケースなんです!
立体的なので。
1

え!もらっていいんですか?

もう好きなんです。作るってことが好きなんで。
自分で型紙を起こして縫いました。
これもね、ちゃんと留めがあってしっくりくるんです。
一応私のブランドロゴを入れました。中にもタグで入れてるんです。
遊んでるだけなんですけどね
休み時間の1時間くらいで作ったんです。

ファスナーだってけっこうやっかいですもんね。
嬉しいなあ。ほんとに。

女の人(取材記者)も来るってわかってたらあげたいのがあったのに・・・。

今回も取材でほんとにこのように歓迎されて
このサービスを待っていたとおっしゃる方もいらして
そのみなさんの気持ちに応えられるサービスにしていきたいと思ってます

そうですね。すごい楽しいです。

ゆくゆくはnutteの・・・日本の縫い手はこういう素晴らしい方ですということがもっとわかるように。
そして海外からの注文もできるように育てていきたい。
業界を変えるようなサービスにしたいと思っています。

なんかすごいのにのっかちゃった感じします(笑)
これからがとても楽しみです!!

 

 

取材後記


 

pencase
ボイスレコーダーの録音を聞き直してみると
作品の事を語り出した途端、Ayakoさんの声色が1トーン高くなり
言葉の最後には必ず
とても楽しそうで幸せに満ちた笑い声がくっついていました。
34年お仕事として縫製をされていて、『好きなんです!』とまっすぐに仰るAyakoさん。
この縫製に向き合う純粋な気持ちが、同業である縫製職人さんからも賞賛を得られるのだろうと思いました。

 - デザイン パタンナー レディース 縫製

 -

RELATED POSTS